米沢市で女性満足度NO1!やさしい整体で延べ8千人の施術経験からあなたの肩こりを改善します!

よくなる整体院米沢


理不尽なクレームがありますね。

今日はご家族が消防士という患者さんが来院されました。

消防署.jpg

消防士を取り巻く環境は悪くなっているそうです。

全国的に消防士に対する風当たりは悪くなっている様ですが、患者さんは最近、ご近所さんに「〇〇さんは火事もないのに消防署に行って、毎日何をしてるんですか?」と聞かれたそうです。

何をしているって言われても、火事がない事に越した事はありませんが、火事があった時の為にいろいろな用意をされていたり、急病人の為に救急車の準備をされていると思います。

調べてみると、救急車のサイレンも市民からうるさいとクレームがついた為に今の「ピーポー」サイレンが開発され、今ではさらに聴こえにくい「住宅地モード」まであるそうです。

その上、病院にも「救急車のサイレンがうるさい。」というクレームが入るそうで、「サイレンを鳴らしてはいけない交差点」や「緊急走行時は迂回する道路」などもあるそうです。

「除夜の鐘がうるさい。」とか、「幼稚園や学校の運動会の音楽がうるさい。」とか、いろいろなクレームが日本では多い様です。

ネットにはこんな事が書いてありました。

ベッカムが救急隊員にコーヒーを差し入れするのがイギリス。
現場の警官や消防士に大量のスタバが届くのがアメリカ。
現場に「頑張れ消防士」の横断幕が掲げられるのが香港。
出動続きで昼も夜も食べてない救急隊員が、車内で缶コーヒーを飲んでると119にクレームが入るのが日本。

やはり、日本人は「消防士の給料は自分が払う税金だ。」という考えがあるから、過酷な仕事をされている消防士に強く言えるのかもしれませんね。

クレームを出す人が火事が起こしても消防士に「火を消してもらっている。」という考えではなく「火を消させてやっている。」という考えにならない事を祈っています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

よくなる整体院米沢のご案内

住      所:

〒992-0045 山形県米沢市中央4丁目1-13

アクセス:

上杉城史苑から車で3分

お問い合わせ・ご予約
0238-33-9173
受付時間:

【平日】   9:00~19:00
【土日祝】9:00~17:00

定休日:

水曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ